鎌倉スイーツ/神奈川

【鎌倉スイーツ】香ばしいほうじ茶尽くしのスイーツが美味い!ほうじ茶STANDでほうじ茶パフェを食べてきました!

ここはほうじ茶を使用した、ほうじ茶スイーツ専門店です。2019年4月27日にオープンしたばかりのできたてホヤホヤのお店です♡

私はほうじ茶が大好きなので、ほうじ茶を使用したスイーツということで行ってきました!

ほうじ茶STAND-鎌倉-のルート

ほうじ茶STANDはお店の看板がでかでかと掲げられていないので危うく通り過ぎるところでしたので、初めての方でもわかりやすいよう、Googleマップのストリートビュー付きでご紹介します!

①ここは江ノ島線長谷駅改札口です。ここからスタートします。

②前を見ると早川薬局を繋ぐ横断歩道がありますので、↑ここを渡ってください。

そしたら、ひたすら右側に直進してください。

③十字路に当たりますが、ここもひたすら直進します。

④右斜め向かいに木々が見えますよね。高徳院仁王門の入口です。ここが見えたらもうすぐですよ。ちなみにこの高徳院仁王門の向こうに有名な鎌倉大仏が鎮座しています。

⑤到着です!↑この画像はまだほうじ茶STANDがオープンする前のものですが、今は「大仏前商店」というどデカい横長の看板が掲げられてるのでわかると思います。

現在のお店の外観です。一見、どこにもほうじ茶STANDの看板がでかでかと掲げてないので「本当にここでいいのかな?」と思うのですが、間違いなくここです。

お店はこんな感じです!ログハウスのようでお洒落ですね。カウンターの横に白いボックスがありますので、食べ終えたらここに置いてください。

上にはこのお店のメニューがあります。

店内はこんな感じです。開放的ですよね~!この時は雨だったのでそう見えないんですが、晴れていたら向かいの緑が綺麗だったんでしょうね。

食べたかったほうじ茶パフェを注文!

この時は平日の11:30頃でしたが、お客さんは私を入れて二人でした。少々小さめの作りなのですが、土日祝日は時間帯によって座れない可能性が出てきそうです。

他にテイクアウトで食べれるスイーツもあるので、食べ歩きでもOK!という方なら大丈夫そうです。

kanon
kanon
これが噂の「ほうじ茶すぎる!ほうじ茶パフェ¥650」です!うまそ~!!

パフェの中身はこのようになっています。看板でわかりやすく解説してくださっています。

kanon
kanon
後から知ったことなんですが、こちらのパフェ、持ち歩きもできる仕様になってるらしいです。

kanon
kanon
持ち歩きができるなら、混雑して席に座れなくても食べ歩きできるよね!

パフェを上から見るとこんな感じ。

にしてもほうじ茶スイーツ本当美味すぎる(T_T)

天辺にあるホイップクリームにはほうじ茶パウダー&ソースがかかっています。ホイップクリームの甘いミルク感と、ほうじ茶の苦みがマッチしています。ホイップだけ見ると、パフェの中身を紹介した看板に載っている画像ほどパウダー&ソースはかかっていないように見えます。ほうじ茶アイスにはソースがしっかりかかっているようですね。

ほうじ茶アイスが美味いんですよ。ほうじ茶独特のほろ苦さと香ばしさがダイレクトに口の中に広がります。で、口の中で溶けていくと少しずつ甘みも感じるんです。私が感じたところ、このアイスは苦み&香ばしさが8割、甘みが2割だと感じました!

それと、このほうじ茶生チョコなんですが全く甘みが無いんです。

味は、「ほうじ茶味」それのみ。チョコが入っているはずなのに、ほうじ茶の香ばしい味がとても強いのでチョコ感が薄いんですよ。チョコはほんのり程度。表現が難しいんですが、まるで「食感はまるで生チョコなのに味はほうじ茶そのもの」という感じなんです…伝わってください(>_<;)

初めてほうじ茶生チョコを食べたんですが、私はドハマりしました!(笑)普通の生チョコも美味しいけれど、甘みが無くほんの少しの苦み、かつ、ほうじ茶の味を濃厚に感じるチョコってかなり珍しいですよね!もしかしたらほうじ茶味生チョコをご存じの方がいらっしゃるかもしれませんが、私は初めて食べたのでとても新鮮でした!3個入っているんですが、もっと入れほしいな~(笑)

このザックザクのほうじ茶クッキーが最高に美味い。オレオみたいにザクザクなんですよ。しかも、上にはホイップクリーム、下には甘いバニラアイスに挟まれてるから、甘さ×苦み×ひんやり感が最高に美味いんですよ!一度に複数の味と食感を味わえるのは嬉しい。

しかもこのクッキーが沢山入っているので、食べても食べてもクッキーが溢れ出てくるんです。結構小さめのパフェなんですが、これ一つでお腹いっぱいになりそうです(笑)

kanon
kanon
パフェってどれもコーンフレークを入れてかさ増しているイメージが強いんですが…。クッキーまでほうじ茶尽くしとは…他店ではこういうところまでほうじ茶感がすごいスイーツはほぼ無いぞ!?

追記:2019/7/4

ほうじ茶STANDの公式ツイッターで、ほうじ茶クッキーのことを触れられていました!

一番下にはほうじ茶プリンがは入っているんです!とろっとろでなめらか~な口当たりなので、プリンというよりムースを食べているかのような感じですよ。甘めな味だけど、ほうじ茶の渋みも感じれます♡

どうやら、メニューに「自家製・とろっとほうじ茶プリン(¥400)」というスイーツがあるようです。このプリンが一番下に入っていたのですね☆

次は、これを食べに再訪したいと思います。↓

「ほうじ茶STAND-鎌倉-」はおすすめできる?できない?

「ほうじ茶が好き」

「ほうじ茶スイーツ大好き!」

という方には100%おすすめできます!!!★10くらいおすすめできます!!

お値段がそれほど高くないのに、どこを食べてもほうじ茶、ほうじ茶、ほうじ茶!!ほうじ茶尽くしのスイーツを最後の一口まで味わえるなんてとっても魅力ではありませんか?^^

パフェの場合ですが、もしこれが都内で販売されていたら、これだけほうじ茶素材のアイスやお菓子をふんだんに使用したパフェなので、相場が¥800~ぐらいにはなると思いますよ。それを¥650で味わえるという…!嬉しいですよね!

「ほうじ茶パフェなら他のお店でも食べれるでしょ?」

と思う方へ。確かに、ほうじ茶パフェは探せば他店にもあります。

私も他のところを調べてみましたが、あってもほうじ茶味のクリーム、アイスだけを乗っけているところだったり、ほうじ茶味のゼリーが数個乗っていて、あとはホイップクリームとフルーツで盛り付け…という、「ほうじ茶を売りにしているお店…なんだよね…?」と思うほどほうじ茶要素が薄いパフェがほとんどでした(私が調べたお店がたまたまそうだっただけなのかもしれませんが…^^;)。

対して、アイス、ソース、クッキー、プリン、全てほうじ茶尽くしのパフェはほうじ茶STANDだけでしたよ。

kanon
kanon
これはどこもマネできなさそうな感じがするな~

でも、土日祝に行く方「ゆっくりと座って食べたい」という方には向いていないかもしれません。

というのも、ここはオープンしたばかりと言えど既にTwitterでも話題沸騰の人気店。土日祝は混雑するようですし、席にも限りがあるので、(時間帯にもよると思いますが)座ってゆっくりと食べるのは難しいかもしれません。

土日祝に行く方は、オープン時間10:00前にお店の付近(迷惑にならないところで)待っていただくと、行列ができていない時は座ってゆっくり食べれると思います。経験上、カフェやスイーツ店は13:00~16:00頃まで混んでいるイメージがあります。

でも味はめちゃくちゃ美味いのでやっぱり食べに行ってほしいです